FC2ブログ

ザッカルの草刈日記

三陽金属の社員のブログ

茨城の展示会に参加しました!!

開発課のOです!

 

77日~10日にかけてJA全農いばらき ダイナミックフェアの展示会に、営業のS課長と参加してきました。

初日はブースの準備で、3日間の開催でした。

展示会に来られるのは農家の方がほとんどのようで、高齢の方が多く、農業関係者の高齢化を実感することとなりました。

 

ブースではチップソーをはじめ、新製品の水際の達人DX、ヒエ抜刈、畑のシェーバーシリーズなどを販売しました。

またスパイダーモア用のマックス260フリー刃のモニター販売を5名様限定で行いました。

 

初の展示会ということで、緊張の中チップソーの販売を任されました。

初日は、お客様に声をかけることができずにいましたが、S課長の製品説明なども参考にしながら、2日目以降は積極的に製品説明できるようになり、隣のブースのN社の営業担当の方からも、「2日目、3日目はいい感じでしたね」と

お褒めの言葉?() も頂きました。

 

三陽ブースに来て下さるお客様の中には、毎年この展示会でチップソーを買って下さっている方も多くいらっしゃいました。リピートのお客様に直接販売できることに感動のようなものも覚えました。

 

また、三陽製品を一度も使ったことのない方にも、製品説明をしてチップソーを買って頂いたので、その成果が、来年の展示会のリピーター様として実を結んでもらいたいなと願うばかりです。

 

個人的な話になると、初日のブース準備の後、ホテルについてからチノパンが裂けているのに気づき, 5kmほど離れた水戸駅までバスに乗って新しいパンツを買いに行くハプニングなどもありましたが、無事に展示会を終えて帰ってくることができました。

 

製品は簡単に売れるものではないですが、一度使用して、評価して頂ければ、一途にリピートして買って頂く方が多いことがわかりました。

開発課としては、ぜひともお客様にリピートして買って頂ける商品の開発をしたいです。

[ 2017/07/26 17:28 ] 展示会 | TB(0) | CM(0)

ISO勉強会

総務課のHです。7月21日(金)は総務課の≪ISOとJIS≫の勉強会がありました。


『 当社はISO9001とJIS B 9212を取得している企業ですので、製品は安心して使用して頂けます!』と、これまで会社紹介の時に誇らしげに語っていましたが、実際の所よくわかっておらず・・

ISOとは何でしょう?と質問されましたが、答えに詰まってしまいました。(汗)


今ならしっかり答えられます。ISOとは・・・国際的な品質マネジメントシステムの認証で、製品が出来上がるまでのプロセスに対する認証であり、出来上がった製品に対する認証ではない。

⇒名刺・カタログ・ホームページ上にはマークを載せてOKだが、製品にマークを付けてはならない。ISO取得企業は、しっかりとした品質マニュアルがあり、それに従って製品を製造しているので、商品は安心感がある。



JISとは・・・工業標準化法に基づき、経済産大臣が改正した日本工業規格であり、製品に対する認証である。

⇒製品にマークを付けるのはOKだが、名刺やカタログにマークを載せてはならない。

JIS取得企業は規格内の製品を製造しているので、安心感と信頼性が大いにある。


物凄く勉強になりました。


『当社の製品はISO9001とJIS B9212を取得していますので、安心してご使用いただけます。

今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。』

[ 2017/07/22 17:22 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

金物ふれあい体験

草刈りチップソーの三陽金属 企画課Kです。


先日市内の小学校で金物ふれあい体験という事で、三木市商工観光課の方が

来られて子供たちに「肥後守」を使っての竹とんぼ作りがありました。

金物体験1


最初に「三木金物」についての説明がスライドであったのですが

その中で、「三木市では素晴らしい刃物がつくられているんですよ!」

と「三木金物ニューハードウェア賞」の紹介があり

弊社の入賞した「鋸目八枚刃」もスライドとして登場しました。

うれしい事ですね~(*´v`)


金物体験2


その後、幕張メッセで行われている国際道工具・作業用品EXPOの

スライドも登場し、「三木市でつくられた刃物はこのような

大きな場所で紹介されています」と締めくくられました。


これからもこのように紹介していただけるような製品づくりを

頑張りたいと思います。


[ 2017/07/15 17:26 ] 三木市 | TB(0) | CM(0)

新しい設備が導入されました!

草刈りチップソーの三陽金属 企画課Fです。



今日のブログは新しい設備のご紹介です!


弊社の巴第一工場に刈払機衝撃試験機が導入されました。

試験機①


この機械は試験回数を入力すると自動で刈払機に取り付けた刃を

機械内に設置しているコンクリートに何度もぶつけ、チップの飛びや

刈刃の欠けや割れが出ないか等の試験が出来ます。



試験機②チップソー

チップソーの試験の様子



試験機③3P

3枚刃の試験の様子


チップソーはチップソー独特の鋭い音がしており、

刈刃は大きく火花が散っています。

かなり過酷そうな試験でしたが

どちらも欠けや割れがありませんでした!


今後は砂などでも磨耗試験が出来るようにする予定です。

弊社ではこのような試験機等を使い安全な刃物の設計に役立てています。



[ 2017/07/07 17:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)