FC2ブログ

ザッカルの草刈日記

三陽金属の社員のブログ

台湾からのお客様(*^_^*)

弊社との取引は45年近くあるであろう台湾の取引先から、社長を含む2名が来日されました。
70回以上も来日しているそうで、日本人より日本の隅々の土地を知っておられます。
日本の紅葉ほど美しいものはないと言われてました。自国をほめて頂けることは、うれしい限りです。

IMG_0398.jpg

ちなみに、台湾の名物と言えばパイナップルケーキ(鳳梨酥)。
パイナップルの背丈は1m以上もあるそうで、何かパイナップルの葉をカットする良い刃はありませんか、とのお話がありました。
また一つ、課題が出来たようです^^

ではでは、HAVE A NICE DAY(・o・)
[ 2015/02/17 18:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

春に向けて

先週の2月4日から6日に有明佐賀空港で行われたさが農業まつり2015へ行ってきました。
まだまだ寒い中、農家さんは春に向けて新商品を探しておられました。
毎年雪の降る寒い展示会。今年は天気に恵まれ毎日多くの方にご来場いただきました。
佐賀展示会   佐賀展示会
佐賀といえばたまねぎ!!(なんと北海道に次いで全国2位だそうです)

ということで、当社からはたまねぎ畑で使える畑のシェーバーDXをPRさせていただきました!

今までの畑のシェーバーから40mm大きくなって185mmとなったDX

その評価は・・・

畑DX_取付





たまねぎを植えている間の除草にちょうどいいとの評価を頂くことができました!!
ちょっと大きめ畑のシェーバーDXを今後ともお願いいたします。

今回ご来場いただいた皆様ありがとうございました。
[ 2015/02/13 11:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

冬季剪定作業 - 想像力が要ります

先週の1月30日に兵庫県農林水産技術総合センター(加西市)で行われた丹波栗剪定士養成(並びに産地復活)研修会へ行ってきました。

栗の一大産地は年間の収穫量が5000トンにもなる茨城県であるが、収穫量が1000トンにも満たない兵庫県の栗産地は県北の丹波地域に集中していて、その大きさと柔らかく甘みのある栗は「丹波栗」として全国に知れ渡っている。
 maron.png
 (写真は丹波篠山観光協会のHPより)

 12月から2月にかけて行われる冬季剪定は果樹の形を整えるためにするらしい。
IMG_0327.jpg

枯れた枝や不必要な枝を幹から切り落したり、小枝を切ったりと樹形を整えるのだが、整えると何が良いのかというと、実のなり方が違うという。一本の果樹から多くの実がなるとならないのでは収入が違う。間違えて切り落としてしまうと取り返しのつかないことになる。だから参加者は先輩剪定士や指導員の話に真剣そのもので聞きいっている。

IMG_0329.jpg


剪定に使う鋏や鋸の道具へのこだわりと愛着はひとしお強いものがある。なぜなら切り口が悪いとそこから菌が発生し思わぬ病気になり樹木を傷めてしまうからである。 

IMG_0326.jpg

樹形を整えるとは一口で言えば「たわわに実った姿を想像して切る」と先生はいうが、道具は手にあったものを買えば良いが、お陽様の当たり方や枝の向きなど経験と知恵を駆使した想像力がなければとうていできない作業に思える。

これからも皆様に愛される「鋏」と「鋸」の開発に頑張ろうと思いました。




[ 2015/02/06 16:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)